内観

快適に眠れるベッドを探そう|大きさを理解する

詳しいサイズ

寝室

快適な眠りをするために必要なものが布団やベッドです。硬い床にそのまま寝てしまうと腰や頭、体のあちこちが痛くなってしまうでしょう。また、座ったままの体勢だと深い眠りにつくことができません。さらに、長時間足を下にすることでエコノミー症候群になってしまう可能性もあるでしょう。体を壊さないためにも布団やベッドでちゃんと休息を取るようにしましょう。

部屋のベッドを選ぶときにはまず、大きさを選びましょう。購入するものの大きさによってマットレスや布団のサイズも変わってきます。また、部屋の広さに対応できるものを選ぶことも重要です。1番コンパクトなサイズはセミシングルと呼ばれるもので、幅は80センチです。両手を広げて大の字で寝たいという人には狭くなってしまうでしょう。しかし、ワンルームや狭い部屋にベッドを置きたい場合は場所を取らないのでこのタイプが便利です。次に大きいのがシングルサイズで、幅は約100センチくらいです。このタイプが基本で大人一人が寝るのにちょうどいいサイズだといえるでしょう。セミダブルと呼ばれる120センチ幅のタイプなら、小さい赤ちゃんと二人で寝ることもできます。大人二人が並ぶ場合に使われるのがダブルベッドで、幅は140センチにもなります。もっと余裕が欲しいというときは、クイーンという160センチから180センチ幅のベッドを選ぶといいでしょう。このくらいの大きさになるとマットレスが2つに別れることもあります。それより大きなものはキングとよばれていてシングルを2つ並べたくらいの大きさになります。購入するときは、ベッドの大きさを理解してから選ぶようにしましょう。

理想の部屋を作る

水槽

自分の住みやすい部屋を作るためにはインテリアに拘ることが大切です。LEDの電球や蛍光灯を使った照明で雰囲気を演出しましょう。また、どんなスタイルをイメージするかで揃えるものの形や色が変わります。

More...

女性らしい部屋

インテリア

かわいい部屋を作りたいという人にピッタリなのがフレンチカントリーです。白を基調にした自然素材の家具やレトロな雰囲気の家具を取り入れることで可愛い部屋を作ることができるでしょう。

More...

特別なカーテンを作る

家具の模型

周りの目から部屋を守るのがカーテンです。また、部屋の雰囲気を左右するインテリアとしても役に立っています。そんなカーテンにこだわりたい人はオーダーカーテンを作るといいでしょう。通販サイトで簡単に作ることができるのです。

More...